So-net無料ブログ作成
学習者用デジタル教科書 ブログトップ

堂々巡りのようでいて [学習者用デジタル教科書]

デジタル教科書について、考え始めて一年半が経った。
Twitterで議論をはじめて半年後に、みんなのデジタル教科書教育研究会(デジ教研)を立ち上げ、
それから一年とちょっと。
DITTやTEC、フューチャースクールなどの動きや、FACEBOOKでのいくつかの新しい動きもある。
孫さんや原口さんが、一時、推進派として注目を浴びたが、震災後、語らなくなった。

「不易と流行」という言葉がある。
「教育の情報化」は、どうしても、テクノロジーの進展によって左右されるので、
なかなか「不易」となりにくい。
最新機種のPCを入れたとしても、数年経てば、現場で使っている最も古い機種になっているなんてこともある。
とはいえ、だからといって動かずにいると、「教育の情報化」は全く進まない。
「進まないといけないのか、パソコンがない方がよい教育ができるのではないか。」
そう思っている教師も少なからずいる。
実際、「教育の情報化」で、どれほど教育の質が上がったのだろうと問われると、
色々考えてしまうこともある。

学習者用デジタル教科書は、その最たるもので、本当にそれで教育の質が高まるのか、
はっきりと説明できた人はたぶんまだいない。
研究的にはあるのかもしれないが、少なくとも広くは知られてはいない。

研究の世界には、「基礎的研究」というのがあるらしい。
「学習者用デジタル教科書」についても、まだ、正直そのレベルで、
もしかするととてもよいものとなるかも知れないが、ならないかもしれない。
少なくても、いくつかのイノベーションがおこらなければ難しいと思えるものだ。

しかし、そこに可能性を感じる人は、研究をはじめる。
それでよいのだと思う。

この一年半、たくさんの時間を使い、色々と考えてきた。
しかし、何が具体的に積み上ったのかは、正直混沌としている。
だからこそ、ここらで少しずつ、自分の考えを整理してみようと思う。
堂々巡りのようでいて、スパイラルに向上している何かがあるのだと、
自分では思っている。







nice!(0) 
学習者用デジタル教科書 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。